遠隔ヒーリング100名様無料チャレンジcase2

初めての遠隔ヒーリングで、友達に「できてるよ~」と言われ、次に、ヒーラーの友達に連絡をして遠隔ヒーリングを受けてもらえないかとお願いしました。

「わぁ~有難いわ~♡」と返事を頂いたものの…

「できなかったらどうしよう…」という心配にまた襲われました💦
心配を打ち消すには、確信が持てるまで、数をこなすしかありません…

できてもできなくても…友達だから…
そんな感じに吹っ切って、約束の時間に、遠隔ヒーリングをはじめました。

私の印象は、仙骨がとても重たく、子宮の辺りから氣が入って、仙骨から出ていく…そんなイメージを感じました。頭の左が重い?

そんなことをお伝えしたら、

左の偏頭痛がひどくて、お腹が張っていたとのこと

「えっ!?ほんとなの~!?話合わせてくれてない?」と心の中でつぶやき。

「夕方から夜になると、結構辛くて、家事ができなかったのが、今日は出来たのよ」と…

明日も練習させてほしいと伝えたら即OK!

そして次の日、また遠隔ヒーリングをしたところ、昨日とエネルギーの重たさを感じる場所が…違う?

今日はおでこと右の側頭部、そして、右腕?

そのまま思った感じを伝えたところ、頭と首を締め付けられる感じがあって、右腕が重たかったとのこと…

イメージで感じていたのは、遠からず?あってるのかな?

「すごいわ~」と言ってもらえたけれど、まだまだ疑い深い私…
どれだけ自分を信じてないのか…😅

もうあと一日…と結局3日間連続で遠隔ヒーリングの練習に付き合ってもらってしまいました💦

そして3日目…

今日も頭…と思ったら、なぜか、背中?みぞおちと背中を挟んでヒーリング…のイメージ。さらには、お腹と仙骨。

仙骨のエネルギーが重たいな…

すると、友達の返信…

「そうなの。そうなの。ストレスで、キーッ!っとなって、背中は痛い。お腹も痛い。まさに!その通りよ~。遠隔ヒーリング、メニューに入れて、大丈夫よ!」

遠隔ヒーリング、メニューに入れて…大丈夫?!

次に続く…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スピリチュアル、脳科学、心理学を融合したチャネリングを学び、ヒーリングの手法と合わせて、遠隔ヒーリングで心と身体を癒すお手伝いをしています。元気で活動するには、まずは、心と身体を整えること。上手くいかないことも、心と身体を整えていくと、思考が変わり、見え方が変わり、現実が動き始めてきます。《スピリチュアルを信じる信じないから、使う使わないへ…》あまりピンッ!張りつめていると、いつかポキッとおれてしまいます。しなやかに軽やかに、日々を過ごして参りましょう♪