遠隔ヒーリング100名様無料チャレンジcase3

次に遠隔ヒーリングをお願いしたのは、ボディケアの研修で同期で、今も仲良くしてもらっている現役セラピストの友達…

スピリチュアルなことをどう思っているのか聞いたことはありませんが、遠隔ヒーリングというこれまた不思議なことをやり始めたことを受け入れて、練習に付き合ってくれました。

伝わるのか、できるのか…
まだまだ心配な私は、2日間連続でお願いしました。

一日目…

頭から…と思たら、イメージ的にうつ伏せになって、仙骨からヒーリングして、右肩甲骨から疲れた気を抜きました。

ボディケアやってるからかな?

あとはみぞおち…

イメージは、多分…個性をもっと発揮したい?発揮できる場所があるとよいかも…といったところです。

友達の返信…

「お~すごい!身体はかなり疲れていて、特に右肩~腕が痛くてたまにしびれるのよ~」

では、また明日…

2日目

言われた通り、右肩~腕をたくさんヒーリングしました。
たくさん疲れが出っていったような??

仙骨ももう一度。
仙骨は身体の中心にあるのでとても大事な場所。

ヒーリングは、時間差があるので、じわじわ何かが変わってくるはず…

とお伝えしたところ

「なんか軽くなった気がする~疲れがドバドバ出ていくといいな…」

疲れがドバドバ出ていくイメージしてください!
その意識が自己ヒーリングになり、疲れがドバドバ出ていきます笑

否定もせず、付き合ってくれてほんとに有難い…♡

そして、その3日後友達からLineが送られてきました。

あれからゆっくり肩と腕が楽になってきたかも…

追記

その後の友達…

彼女は結局、完全に独立して、新人セラピストを教育しながら、施術ができる場所を作り、リラクゼーションサロンのオーナーになりました。

その話を聞いて、友達からは何も言われていませんが、あのときヒーリング中にみぞおちに感じた「個性を発揮できる場所」を思い出し、彼女のみぞおちさんと会話ができていたのかな…なんて、勝手な解釈しています。ポジティブ~笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スピリチュアル、脳科学、心理学を融合したチャネリングを学び、ヒーリングの手法と合わせて、遠隔ヒーリングで心と身体を癒すお手伝いをしています。元気で活動するには、まずは、心と身体を整えること。上手くいかないことも、心と身体を整えていくと、思考が変わり、見え方が変わり、現実が動き始めてきます。《スピリチュアルを信じる信じないから、使う使わないへ…》あまりピンッ!張りつめていると、いつかポキッとおれてしまいます。しなやかに軽やかに、日々を過ごして参りましょう♪