スピリチュアルとは?

本来、純粋なるスピリチュアルの本質は、怪しげな要素や騙される可能性とは全く無縁です。

ですが、残念なことに、スピリチュアルなアプローチや信念には、時折、怪しげな要素や誤解を生む可能性がなくもありません。
一部の個人が、自己の利益を最優先に考え、信頼性の低い情報や誤った信念を広めることがあることも考えられます。

そのため、スピリチュアルな道を探求する際には、
知識だけを追求するだけでなく、
自分で実践したり、感じたりして、
検証していくことが大切です。

全部その情報を鵜呑みにするのではなく、
批判的思考を持ち、情報を慎重に評価し、
自らの経験と直感を信頼することが重要です。

これによって、真のスピリチュアルな理解と成長が促進されます。

スピリチュアルの語源

「スピリチュアル」は、ラテン語の「spiritus(スピリトゥス)」に由来しています。

この語は「霊」「魂」「精神」などの意味を持ちます。
そして、「spiritualis」という形容詞は、
この「spiritus」から派生しており、
「霊的な」「精神的な」「心の」といった意味を持ちます。

その後、英語の「spiritual」という言葉として取り入れられ、
現代の用法である「スピリチュアル」という形に変化しました。

スピリチュアルの真髄

スピリチュアルの語源から言える通り、本来のスピリチュアルとは、「霊的な」「精神的な」「心の」といった意味を含んでいます。
超常現象や霊能力にこだわることがスピリチュアルとは限りません。

本来のスピリチュアルな体験は、自己との深いつながりを築くことによって得られます。

自己探求や内なる平和への道を歩むことが
真のスピリチュアルを理解し深める姿勢です。
この姿勢によって、私たちは本質的な自己を発見し、
愛と理解を増やし、他者とのつながりを深めることができます。

そして、このつながりの中で、真の豊かさを見出すことができるのです。

スピリチュアルな視点からの自己成長と現実への影響

この視点で物事を見ると、目に見えるものだけでなく、私たちの存在や経験も物質的な側面だけでないことがわかります。つまりは、私たちが経験する現実は、物質的な出来事や外部の状況だけでなく、精神的な次元や意識の深層にも影響を受けているということです。

そして、現実が思うようにいかない場合、
その精神的な次元や意識の深層に、しばしば心の傷や
トラウマがあることがあります。

過去の経験が私たちの行動や感情に影響を与え、
現在の状況に対処するのを難しくするのです。

ですが、魂が癒されると、現実も好転していきます。

そして、スピリチュアルの本質を知り、
その視点で自分の人生を受け入れられるようになると、
あなたの意識は拡大し、自己成長や能力開花にも繋がっていきます。

やがて、過去の心の傷やトラウマは、
成長のための単なる出来事に過ぎないことに気づくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スピリチュアル、脳科学、心理学を融合したチャネリングを学び、ヒーリングの手法と合わせて、遠隔ヒーリングで心と身体を癒すお手伝いをしています。元気で活動するには、まずは、心と身体を整えること。上手くいかないことも、心と身体を整えていくと、思考が変わり、見え方が変わり、現実が動き始めてきます。《スピリチュアルを信じる信じないから、使う使わないへ…》あまりピンッ!張りつめていると、いつかポキッとおれてしまいます。しなやかに軽やかに、日々を過ごして参りましょう♪